カジノ法案

大阪IR問う住民投票、実現しない見通し 維新府議団が反対方針

カジノ法案

大阪維新の会府議団は29日、カジノを含む統合型リゾート(IR)の大阪府・市による誘致の賛否を問う住民投票条例案について反対する方針を決めました。
大阪維新の会は府議会で過半数を占めていて、条例案は同日の臨時議会で否決されます。住民投票は実現しない見通しとなりました。

タイトルとURLをコピーしました