攻略法

パーレー法とは?

パーレイ法とは?みんカジ 攻略法

ギャンブルをやる上で、100%勝てるということはありません。
しかし、せっかく遊ぶなら少しでも確率を上げて楽しんで稼ぎたいと思うはずです。

そんな時に役に立つのが攻略法です。
状況や環境にあった攻略法を使うことで、プレイの幅が広がり、勝利の道筋を得られるかもしれません。

こちらでは逆マーチンとも言われている「パーレー法」について解説していきます。
パーレー法を使う際のメリットやデメリット、注意点などを紹介するので、こちらの記事をよく読み、パーレー法を試してみましょう。

パーレー法とは?

パーレー法は「逆マーチンゲール法」とも呼ばれる攻略法です。

マーチンゲール法とは、1ドルベットをし負けてしまったら、次のゲームで2倍の2ドルをかける。そこでも負けてしまったら、次のゲームで倍の4ドルを掛ける・・・
といった、負ける限り倍倍でベットし続けるという、攻略法の中でも一番分かりやすく、有名なものです。

「マーチンゲール法」が勝つまでずっと倍額をベットし続ける方法に対して、
パーレー法はマーチンゲール法の逆、負けるまでずっと倍額をベットし続けるという、とてもシンプルなものです。

マーチンゲール法が、負けることを前提とした攻略法だとすると、パーレー法は勝つことを前提とした攻略法と言えます。
連続して勝利をすることができれば、少さい元手で大きな利益を得ることも可能な夢のある攻略法です。

ベット方法

パーレー法のやり方は簡単で、1ドルを賭けて勝利したら、ベット額を倍の2ドルにして次のゲームに賭ける。2ドルで勝ったら、4ドルで次のゲームに賭ける・・・・を繰り返します。

もし、途中で負けてしまったら、再度1ドルから再スタートをするだけで、連勝が続く限り、収支はドンドン増えて行きます。

連勝が続いた場合の収支は下記のシミュレーションを参照してください。

10回連続で勝利した場合のシミュレーション

回数 賭け金 勝敗 配当 収支
1回目 $1 ⭕️ $2 $1
2回目 $2 ⭕️ $4 $3
3回目 $4 ⭕️ $8 $7
4回目 $8 ⭕️ $16 $15
5回目 $16 ⭕️ $32 $31
6回目 $32 ⭕️ $64 $63
7回目 $64 ⭕️ $128 $127
8回目 $128 ⭕️ $256 $255
9回目 $256 ⭕️ $512 $511
10回目 $512 ⭕️ $1,024 $1,023

上記のシミュレーションの場合、1ドルからベットを始め、連続して10回を勝利することができれば、1ドルから1023ドルの収支が可能です。
単純計算で、10ドルからスタートすれば、10回目で10000ドル以上の収支が見込める計算になります。

このように、パーレー法は連勝している限り毎ゲームごとに賭け金を倍にするので、短時間で大きく稼ぐことができます。

パーレー法の注意点

上記のように、パーレー法は少ない掛け金で大きく稼げる素晴らしい攻略法に思えます。
しかし、これはあくまでも連勝をしている場合ですので注意しましょう。

通常、ギャンブルで勝ちづけることは不可能です。
例えば、勝率が約50%のゲームで連勝を続けるには、下記の確率になります。

勝率50%のゲームで連勝を続ける確率

連勝する確率
1連勝 50%
2連勝 25%
3連勝 12.50%
4連勝 6.25%
5連勝 3.13%
6連勝 1.56%
7連勝 0.78%
8連勝 0.39%
9連勝 0.20%
10連勝 0.10%

このように、10回連続で勝利する確率は非常に少なく、難しいことがわかります。
また、連勝していても一回の負けで、それまでの連勝した分の収支を0にしてしまいます。

10回連続で勝利した後に、11回目で負けた場合のシミュレーション

回数 賭け金 勝敗 配当 収支
1回目 $1 ⭕️ $2 $1
2回目 $2 ⭕️ $4 $3
3回目 $4 ⭕️ $8 $7
4回目 $8 ⭕️ $16 $15
5回目 $16 ⭕️ $32 $31
6回目 $32 ⭕️ $64 $63
7回目 $64 ⭕️ $128 $127
8回目 $128 ⭕️ $256 $255
9回目 $256 ⭕️ $512 $511
10回目 $512 ⭕️ $1,024 $1,023
11回目 $1,024 ✖️ $0 -$1,024

また、ゲームによってはカジノによってはテーブルリミットが設定されています。

テーブルリミットとは、ゲームにベットできる賭け上限金額のことで、オンラインカジノの場合、多くのサイトで最低掛け金額と、賭け上限金額が決まっています。
例えば、テーブルリミットが$10,000で設定されていた場合、それ以上の金額でのベットができないためパーレー法で連続勝利をしていても、パーレー法が継続できなくなってしまいます。

パーレー法を使用して遊ぶ場合は、必ずゲーム内の最低賭け金額と、最大賭け金額をチェックするように気をつけましょう。

パーレー法のポイント

パーレー法は、連勝をすればするほど大きな利益を得ることができますが攻略法ですが、一度の負けで連勝分の収支が0になってしまう諸刃の剣です。
そんなパーレー法を上手く使うポイントは「連勝の回数を設定する」ことです。

どんなに運の良い人でも、ギャンブルで勝ち続けることは不可能です。
連勝をしている何処かのタイミングで、一度ベット額のリセットをして、最初のベット額から再スタートをしてください。そうすることにより、負け額を少なくし、勝利金を積み上げていくことができます。
例えば、最初に「5連勝まで」と設定し、1ドルベットからスタートした場合、5連勝をすると、本来次のベット額は32ドルになりますが、そのベット額を1ドルにして、再びパーレー法を続けます。
これにより、大きな勝利金はつかめないですが、マイナス収支を抑えることができるようになります。

5連勝で再スタートを設定した場合のシミュレーション

回数 賭け金 勝敗 配当 収支
1回目 $1 ⭕️ $2 $1
2回目 $2 ⭕️ $4 $3
3回目 $4 ⭕️ $8 $7
4回目 $8 ⭕️ $16 $15
5回目 $16 ⭕️ $32 $31
6回目 $1 ⭕️ $2 $32
7回目 $2 ✖️ $0 $30
8回目 $1 ⭕️ $2 $31
9回目 $2 ⭕️ $4 $34
10回目 $4 ⭕️ $0 $29

上記の様に、5連勝したらリセットするルールを設けた場合、6回目の掛け金を1ドルに戻します。
5連勝でパーレー法をリセットすることで、収支は10連勝した時よりも大幅に少なくなってしまいますが、7回目で負けてしまった時でも、合計収支を+で残すことができます。

この様に、パーレー法を上手く使うポイントとして、必ず連勝の回数を設定をする様にしましょう。

相性の良いゲーム

パーレー法を使用するにあたって、使いやすいゲームを選びましょう。

使いやすいゲームの条件

  • 勝率が約50%のゲーム
  • 配当が2倍になるゲーム

上記の条件に当てはまるゲームが、パーレー法を最大限に使えるゲームの条件になります。
勝率が30%のゲームだと、連勝するのが難しくなってしまいますし、配当が少なくても収支が増えなくなってしまうからです。

オススメは「ブラックジャック」「バカラ」「ルーレット」です。
さらに言うと、「ルーレット」は前回のゲームの結果が次のゲームに影響しない独立事象のゲームです、「ブラックジャック」「バカラ」は従属事象ゲームですので、パーレー法を使用するには「ルーレット」が最適と言えます。

独立事象とは、過去の結果によって次の結果が影響されないもことを言います。
例えばルーレットで赤黒にベットした場合であれば、前回の出目が10だとして、次に出る数字は一切左右されません。そのため過去に10回連続で赤が来たからといって、11回目に赤がまた来る確率は約50%というのは変わりません。

従属事象とは、過去の結果によって、次の結果が影響されることを言います。
例えばブラックジャックやバカラは、カードを使用するゲームであり、カードには種類があり、また、カードの数には限度があります。
ゲームの前半にハートの8が多く出た場合、後半にハートの8が出る確率は少なくなるため、過去の結果が次回の結果に影響を及ぼすと言えます。これにより、独立事象のゲームより確率が安定していないと言えます。

これは確率論であり、時としてギャンブルは確率論では説明できないことが多くあります。
場の流れを読みベットをしても問題はありません。(むしろ、それがギャンブルの醍醐味といえます)
あくまでも、自分にあったゲームを見つけて、パーレー法を試す参考にしてください。

実際に検証してみた

ここまでを踏まえて、実際にみんカジがパーレー法でどれだけ収支を上げられるか検証してみました!

検証は合計で3回行い、下記のルールに従って公平にプレイしました。

検証ルール
ゲーム:ルーレット
掛け金:1ドルスタート
残金:1000ドルスタート
連続勝利:3連勝まで
プレイ回数:20回
第一回 検証

赤に1ドルベットからスタートです。

パーレー法とは?

見事【16】の赤に的中!2ドル配当を獲得です。

パーレー法とは?

次に赤に2倍の2ドルベットをし、見事【9】の赤に的中!4ドル配当を獲得しました。

パーレー法とは?

さらに倍の4ドルベットをし、見事【12】の赤に的中!8ドルの配当を獲得しました。
ルールのため、この後のベットは再度1ドルからリスタートします。

パーレー法とは?

第一回 検証結果

回数 賭け金 勝敗 配当 収支 残高
1回目 $1 ⭕️ $2 $1 $1,001
2回目 $2 ⭕️ $4 $3 $1,003
3回目 $4 ⭕️ $8 $7 $1,007 3連勝1ドルベットに戻す
4回目 $1 ⭕️ $2 $8 $1,008
5回目 $2 ⭕️ $4 $10 $1,010
6回目 $4 ⭕️ $8 $14 $1,017 3連勝1ドルベットに戻す
7回目 $1 ⭕️ $2 $15 $1,015
8回目 $2 ✖️ $0 $13 $1,013
9回目 $1 ⭕️ $2 $14 $1,014
10回目 $2 ⭕️ $4 $16 $1,016
11回目 $4 ⭕️ $8 $20 $1,020 3連勝1ドルベットに戻す
12回目 $1 ✖️ $0 $19 $1,019
13回目 $1 ✖️ $0 $18 $1,018
14回目 $1 ✖️ $0 $17 $1,017
15回目 $1 ✖️ $0 $16 $1,016 まさかの4連敗
16回目 $1 ⭕️ $2 $17 $1,017
17回目 $2 ⭕️ $4 $19 $1,019
18回目 $4 ✖️ $0 $15 $1,015
19回目 $1 ⭕️ $2 $16 $1,016
20回目 $1 ✖️ $0 $15 $1,015
第一回 検証結果
勝敗:13勝7敗
収支:プラス15ドル
最大連勝数:7連勝
最大連敗数:4連敗

連勝しなくては始まらないパーレー法ですが、開始早々7連勝を記録!
3連勝した時点で一度最初のベット数に戻すルールのもとで行ったため、プラス15ドルでした。
もし、そのままやっていれば128ドルの収支を開始早々に獲得できたチャンスでした・・
その後、3連勝は2回ほどあり、全体的に見ても勝率は高い結果でした。一度4連敗をしていますが、1ドルベットなのでマイナスは少なかったです。

第二回 検証

赤に1ドルベットでスタートです。黒の【17】が出たので−1ドルです。

パーレー法とは?

再度、赤に1ドルで仕切り直しです。しかし、またも黒の【2】で−2ドルです。
幸先が悪いです・・・

パーレー法とは?

三度目の正直で赤に1ドルベットです。見事、赤の【27】に的中しました。

パーレー法とは?

第二回 検証結果

回数 賭け金 勝敗 配当 収支 残高
1回目 $1 ✖️ $0 -$1 $999
2回目 $1 ✖️ $0 -$1 $998
3回目 $1 ⭕️ $2 $1 $999
4回目 $2 ✖️ $0 -$2 $997
5回目 $1 ⭕️ $2 $1 $998
6回目 $2 ✖️ $0 -$2 $996
7回目 $1 ⭕️ $2 $1 $997
8回目 $2 ⭕️ $4 $2 $999
9回目 $4 ⭕️ $8 $4 $1,003 三連勝したのでリセット
10回目 $1 ✖️ $0 -$1 $1,002
11回目 $1 ✖️ $0 -$1 $1,001
12回目 $1 ⭕️ $2 $1 $1,002
13回目 $1 ✖️ $0 -$2 $1,000
14回目 $1 ⭕️ $2 $1 $1,001
15回目 $2 ⭕️ $4 $2 $1,003
16回目 $4 ✖️ $0 -$4 $999
17回目 $1 ⭕️ $2 $1 $1,000
18回目 $2 ⭕️ $4 $2 $1,002
19回目 $4 ✖️ $0 -$4 $998
20回目 $1 ✖️ $0 -$1 $997
第二回 検証結果
勝敗:10勝10敗
収支:マイナス3ドル
最大連勝数:3連勝
最大連敗数:2連敗

今回はあまりぱっとしない結果に・・・
最大連勝数は3連勝が一度きりで、設定としてはよかったのかなと思いますが、連勝しないことにはパーレー法は意味がありません。

原因として、2連勝からの負けが二度あり、その時の収支が-$4で、これがかなり響いたようです。
3連勝でリスタートするように設定しているため、3連勝したら強制的に次回のベットは1ドルに戻りますが、3連勝前に負けを食らうと最大マイナス収支が発生してしまいます。

この検証では二度も最大マイナス収支を食らったことにより、収支が1回目よりも低かったと考えられます。

第三回 検証

赤に1ドルベットし、黒の【29】が出たので−1です。

パーレー法とは?

再度、赤に1ドルで仕切り直しです。しかし、またも黒の【35】です。

パーレー法とは?

再々度1ドルで赤にベットです。しかし、結果は黒の【6】で3連敗。。。

パーレー法とは?

四度目の正直で赤に1ドルベットです。見事赤の【7】に的中し、連敗を食い止めることができした!

パーレー法とは?

第三回 検証結果

回数 賭け金 勝敗 配当 収支 残高
1回目 $1 ⭕️ $2 $1 $1,001
2回目 $2 ✖️ $0 -$1 $999
3回目 $1 ✖️ $0 -$2 $998
4回目 $1 ✖️ $0 -$3 $997
5回目 $1 ⭕️ $2 -$2 $998
6回目 $2 ✖️ $0 -$4 $996
7回目 $1 ⭕️ $2 -$3 $997
8回目 $2 ✖️ $0 -$5 $995
9回目 $1 ⭕️ $2 -$4 $996
10回目 $2 ✖️ $0 -$6 $994
11回目 $1 ✖️ $0 -$7 $993
12回目 $1 ✖️ $0 -$8 $992
13回目 $1 ✖️ $0 -$7 $993
14回目 $1 ⭕️ $2 -$6 $994
15回目 $2 ✖️ $0 -$8 $992
16回目 $1 ✖️ $0 -$9 $991
17回目 $1 ⭕️ $2 -$8 $992
18回目 $2 ⭕️ $4 -$6 $994
19回目 $4 ✖️ $0 -$10 $990
20回目 $1 ⭕️ $2 -$9 $991
第三回 検証結果
勝敗:8勝12敗
収支:マイナス9ドル
最大連勝数:2連勝
最大連敗数:4連敗

最大で2連勝を一度だけと言うひどい結果に・・・
やはり、パーレー法は連勝があっての攻略法だと言うことがわかります。
しかし、大きく負け越した割には収支の–は抑えられている気がします。

三回の検証でわかったことは。。。
・連敗してもダメージが少ない
・連勝しないと意味がない
・なかなか連勝できない

もちろんあくまでたった三回の検証によるもので、もっと試すと総合的な結果は変わってきます。
たくさんの検証を行うことで、自分にあった攻略法か、どの場面で使用すればいいのかがわかってくるはずです。

攻略法の検証を多く試してみたいのならば、オンラインカジノサイトのデモモードをオススメします。デモモードは、オンラインカジノサイトのゲームが無料で遊べる機能で、最新のスロットゲームや、人気のゲームが無料で遊ぶことができます。

みなさんもオンラインカジノサイトの無料のデモモードでパーレー法を練習してみてはいかがでしょうか。

無料で遊べるデモモードがついているオンラインカジノ一覧

パーレー法のメリット・デメリット

メリット
最小限の損失に抑えることが可能。
連続で勝てれば大きな利益が可能。
デメリット
一度の負けで今までの利益がなくなる。
やめ時を誤ると時間の無駄。

まとめ

パーレー法は「逆マーチン」と言われていて、シンプルで試しやすい攻略法です。
「ブラックジャック」「バカラ」「ルーレット」などの、50%の勝率になるゲームに対して有効で、特にルーレットに対して有効になる攻略法です。

損失をかなり抑えられることができる反面、連勝数がキモになるため、大勝ちするのはなかなか大変ですが、連勝が続いた時は短時間で大きな利益を獲得することができます。

しかし、この攻略法は一回の負けが、今までの連勝の勝ち分を全て無くしてしまう諸刃の剣であるため、「やめ時」が非常に大事になってきます。
そのため、大勝ちはできないにしても、連勝数の設定をしっかりとして、勝ち額を少しづつ積み上げていくことが勝利に繋がります。

流れがきていると感じた時にパーレー法を使用したら連勝を積み上げて大勝利をつかみ取れるかもしれません!

皆様も是非ともパーレー法をお試しください。

【2022年最新版】オンラインカジノおすすめランキング

 

タイトルとURLをコピーしました