入出金方法ガイド

電子決済サービス(インターネット決済)について

電子決済サービス(e-ウォレット決済)について 入出金方法ガイド

オンラインカジノでは、様々な決済方法が用意されており、そのうちの一つとなる非常に便利な決済方法が、電子決済サービスを利用した決済方法になります。

電子決済サービスとは、インターネット上に口座(アカウント)を開設して、その口座(アカウント)でオンラインカジノとの入金や出金を行うことができるサービスです。各電子決済サービスは、複数のオンラインカジノで導入されているので、1つの電子決済サービスの口座(アカウント)を持っているだけで資金の一括管理を楽にすることができます。

オンラインカジノとの入金手続きから入金完了、出金手続きから出金完了までが速やかに行うことができるうえ、手数料も無料だったりとお得にスマートな決済を行うことが可能になります。

たいへん魅力的でオススメな電子決済サービスですが、そのメリットとデメリット、主要となる電子決済サービスの比較をご紹介しますので、是非参考にしてみてください。

メリット

電子決済サービスの主要となるメリットは、以下の5つとなります。

容易な資金管理

一つのアカウントで多くのカジノサイトへの入金と出金をすることができ、容易な資金管理が可能です。
主要となる電子決済サービスでは、多くのカジノサイトが導入している決済方法のため、資金の一括管理をすることができます。
いくら入金して、ドコでいくら使ったのか、一つのアカウントだけに集約することですぐに確認することができるのでとても便利になります。

入金&出金がスマートに完結

電子決済サービスを利用した決済方法では、入金時の手続きから入金完了まで、とてもスムーズに行うことができます。
例えば、MuchBetterの場合、オンラインカジノサイトにて入金申請を行う際、自身のアカウントの電話番号を入力して手続きを完了します。
すると、MuchBetterアカウントへ瞬時に入金申請のお知らせ(詳細)が届き、承認するかどうか求められるので、承認ボタンをクリックすると入金が完了します。
一部の電子決済サービスを除き、手数料は無料なので簡単に、そしてお得にとてもスマートな決済を行うことができるようになります。

クレジットカードを利用した入金

現在、日本国内の様々なクレジットカード会社がオンラインカジノへの送金を強く規制している為に直接送金することが難しくなっていますが、電子決済サービスを利用することで実質的にクレジットカードを利用した入金が可能となります。
一部の電子決済サービスを除き、主要ブランドのVISA、MasterCard、JCBのクレジット・デビッドカード、プリペイドカード が利用できます。

オンラインカジノ以外の決済で使える

オンラインカジノ以外のショッピングサイトへの決済やオンラインサービスの決済にも、電子決済サービスを利用することができるので、その用途は豊富にあります。
決済以外にも、友人や家族間での送金なども、手数料無料で瞬時に行うことが可能です。

瞬時に外貨への換金、友人へ送金可能

円からドル、ドルからユーロといった換金がアカウント内で瞬時に実行することができ、例えば海外にいる友人のアカウントへ速やかに送金することが無料で行うことができます。
また、仮想通貨を扱っている電子決済サービスでは、仮想通貨も瞬時に変換することができ、オンラインカジノへの入金手段の一つとすることもできます。

以上が主要となるメリットになります。

この他にも各電子決済サービスごとに異なるサービス内容により、記載していない内容のメリットがある電子決済サービスもあったりします。
例えば、入出金の決済を行うたびにポイントが貰えるなどといったサービスによるメリットなどです。

デメリット

続いて、電子決済サービスの主要となるデメリットは、以下の3つとなります。

サービスを利用するための手続きが面倒

オンラインカジノへの登録が済んだらすぐに入金してすぐに遊びたい!という方にとっては、口座(アカウント)の開設や電子決済サービスをフルに利用するための手続き等は、面倒に感じてしまうかもしれません。
各電子決済サービスで利用できるサービスを全て利用できるようにするためには、一部の電子決済サービスを除いては口座(アカウント)の開設後、速やかに本人確認の承認まで完了する必要があります。
口座(アカウント)の開設を完了しただけの状態では、口座(アカウント)への入金方法が限定されていたり、口座(アカウント)から出金することができないなど、利用できるサービスが限定されてしまうことがほとんどです。
その為、口座(アカウント)の開設後、オンラインカジノへ入金する前に、速やかに本人確認書類の提出手続きを実行して本人確認の承認を得ることが必須となります。

何かしらの事情でサービス停止する可能性

各電子決済サービスは、海外企業が運営しているため、突然詳しい説明の無いメンテナンスとして何かしらの事情で利用することが不可能なサービス停止状態になってしまったり、そのサービス停止期間が長期化する場合もあります。
また、突然のサービス内容の大幅な変更やサービスの終了といったことも起こる可能性も考えられます。

様々な手数料や費用が発生する場合がある

各電子決済サービスごとに、入出金などの決済時やそれ以外の時においても様々な手数料や費用が発生する場合があります。
例えば、口座(アカウント)から自身の銀行口座へ出金する際の為替手数料や口座(アカウント)の維持費用が毎月発生してしまう。

以上が主要となるデメリットになります。
比較的、あまり低くはない手数料の費用などが大きなデメリットと言えるかもしれません。

では実際に口座(アカウント)開設をするなら、どの電子決済サービスが良いのかわからないという方のために各電子決済サービスの比較を紹介いたします。
各電子決済サービスにおけるそれぞれの項目ごとの特徴から、自分にあった電子決済サービスを選択するための参考としてみてください。

各電子決済サービスごとの口座(アカウント)に入金するための決済方法の比較

各電子決済サービスごとの口座(アカウント)に入金するための決済方法は、主に銀行振込、クレジットカード、仮想通貨となっています。
それぞれ、お好みの決済方法に合わせて選択することができます。

銀行送金 クレジットカード 仮想通貨 ecoVoucher Astropayカード
iWallet ⭕️ ⭕️ ✖️ ✖️ ✖️
ecoPayz ⭕️ ✖️ ⭕️ ⭕️ ✖️
MuchBetter ✖️ ⭕️ ⭕️ ✖️ ⭕️
STICPAY ⭕️ ⭕️ ⭕️ ✖️ ✖️
VegaWallet ⭕️ ✖️ ✖️ ✖️ ✖️

iWalletでの入金時の決済方法は、銀行振込、クレジットカード(VISA、MasterCard)となります。

ecoPayzでの入金時の決済方法は、銀行振込、仮想通貨、ecoVoucherとなります。

尚、特殊な決済方法としてecoPayzでは、ecoVoucherという決済方法があります。
ecoPayzのecoVoucherという決済方法は、例えば金券やチケット、またはコンビニなどで気軽に購入することのできるAppleギフトカードやGoogle Play ギフトカード、
Amazonギフト券などと同様のecoVoucherプリペイドカードを購入し、記載されているコードを入力するなどしてアカウントへ入金する決済方法です。
このecoVoucherを購入する際に、クレジットカード(VISA・MasterCard・JCB)で決済すると実質的に、クレジットカード(VISA・MasterCard・JCB)決済による口座(アカウント)への入金ができます。

ecoVoucherに関する詳細はこちら

ecoPayz(エコペイズ)のecoVoucher決済方法

ecoPayz(エコペイズ)のecoVoucher決済方法

MuchBetterでの入金時の決済方法は、クレジットカード(VISA、JCB、MasterCard)、仮想通貨、Astropayカードとなります。

STICPAYでの入金時の決済方法は、銀行振込、クレジットカード(VISA、MasterCard)、仮想通貨となります。

VegaWalletでの入金時の決済方法は、銀行振込のみとなります。

以上のことから、各電子決済サービスごとの口座(アカウント)に入金するための決済方法の比較では、3種類の決済方法を利用することができるecoPayz、MuchBetter、STICPAYがオススメとなります。

各電子決済サービスの口座(アカウント)へ入金する際の手数料の比較

銀行送金 クレジットカード 仮想通貨 その他
iWallet 無料 7% ✖️ Japan送金バウチャー : 5%
ecoPayz 0~10 ✖️ 無料 ecoVoucher : 2.9%
MuchBetter ✖️ 5% 2% AstroPay Card : 6%
STICPAY 1~2% 3.85% 1%
VegaWallet 1.3ドル、350ドル以上無料 ✖️ ✖️

iWalletでは、銀行振込の場合、無料、クレジットカード(VISA、MasterCard)の場合、7%、その他Japan送金バウチャーの場合、5%となります。

ecoPayzでは、銀行振込の場合、0〜10%、仮想通貨の場合、無料、ecoVoucherの場合、2.9%となります。
※手数料の正確な金額は、居住されている国や地域でのオプションにより異なります。一部のオプションには最小値が適用されます。
また、銀行振込の場合、コルレス銀行の手数料および国際送金手数料が発生します。
尚、特殊な決済方法としてecoPayzでは、ecoVoucher、iWalletでは、Japan送金バウチャーという決済方法があります。
ecoVoucher、Japan送金バウチャーという決済方法は、例えば金券やチケット、またはコンビニなどで気軽に購入することのできるAppleギフトカードやGoogle Play ギフトカード、
Amazonギフト券などと同様のプリペイドカードを購入し、記載されているコードを入力するなどしてアカウントへ入金する決済方法です。

MuchBetterでは、クレジットカードの場合、5%、仮想通貨の場合、2%、その他AstroPay Cardの場合、6%となります。

STICPAYでは、銀行振込の場合、海外銀行からの場合1%、国内銀行からだと2%、クレジットカードの場合、3.85%、仮想通貨の場合、1%となります。

VegaWalletでは、銀行振込の場合、350ドル未満では1.3ドル、350ドル以上では無料となります。

※さらに、各電子決済サービスごとに決められている日本円→外貨への為替手数料が発生し、同時に差し引かれたうえでアカウントへ反映されますのでご注意ください。

クレジットカード決済を利用した入金方法では、STICPAY3.85%からiWalletでは7%と各電子決済サービスともに高額水準の手数料となっています。
それに対して銀行振込、仮想通貨での入金方法は手数料が無料だったり1~2%の手数料なのでうまく使い分けましょう。
以上の結果から、各電子決済サービスごとの口座(アカウント)に入金するための決済方法の比較では、3種類の決済方法を利用することができるecoPayz、MuchBetter、STICPAYがオススメとなります。

出金方法における各電子決済サービスの比較

各電子決済ごとの出金方法の決済種類は、主に銀行送金、ATM出金、仮想通貨となっています。

銀行送金 ATM出金 仮想通貨
iWallet ⭕️ ⭕️ ✖️
ecoPayz ⭕️ ✖️ ✖️
MuchBetter ⭕️ ✖️ ⭕️
STICPAY ⭕️ ⭕️ ⭕️
VegaWallet ⭕️ ✖️ ✖️

iWalletでの出金方法は、銀行送金、ATM出金となります。
ATM出金は、iWalletが独自で発行しているカードを利用した出金方法です。
日本国内の銀行キャッシュカードのようにATMから出金することができます。

ecoPayzでの出金方法は、銀行送金のみとなります。

MuchBetterでの出金方法は、銀行送金、仮想通貨となります。

STICPAYでの出金方法は、銀行送金、ATM出金、仮想通貨となります。
ATM出金は、STICPAYが独自で発行しているカードを利用した出金方法です。
日本国内の銀行キャッシュカードのようにATMから出金することができます。

VegaWalletでの出金方法は、銀行送金のみとなります。

全ての電子決済サービスにおいて銀行送金が可能となっておりますので仮想通貨での出金も可能なSTICPAY、MuchBetterがオススメです。

銀行口座へ送金する際の手数料の比較

銀行送金の場合は、各電子決済サービスの口座(アカウント)からご自分の銀行口座に出金されます。

各電子決済サービスの基本的な出金方法となるご自分の銀行口座への出金方法による手数料を比較してみます。

出金手数料 1,000ドル出金の場合に掛かる手数料
iWallet 0.5%または最低額35ドル 35ドル
ecoPayz 1% (最低額 6.02 ドル) 10ドル(1%)
MuchBetter 2.2% + 5ドル 27ドル(2.2%+5ドル)
STICPAY 2% + 800円 20ドル + 800円
VegaWallet 350ドル以上無料(週末は900ドルごとに2.9ドル) 無料(平日)

iWalletでは、出金手数料が0.5%または最低額35ドルとなります。
例1,000ドルを出金した場合に掛かる手数料
50ドル

ecoPayzでは、出金手数料が1% (最低額 6.02 ドル)となります。
例1,000ドルを出金した場合に掛かる手数料
10ドル

MuchBetterでは、出金手数料が2.2%+5ドルとなります。
例1,000ドルを出金した場合に掛かる手数料
27ドル

STICPAYでは、出金手数料が2%+800円となります。
例1,000ドルを出金した場合に掛かる手数料
20ドル+800円

VegaWalletでは、出金手数料が平日は350ドル未満1.3ドル、350ドル以上無料(週末は900ドルごとに2.9ドル)となります。
例1,000ドルを出金した場合に掛かる手数料
平日 無料・週末5.8ドル

iWalletでは50ドルに対しVega walletは、基本的に無料なので圧倒的な違いとなっています。
Vega walletは週末のみ900ドルごとに2.9ドルと少々高い手数料となるので、平日のみ出金を行うように調整するだけでかなりお得に出金することができます。

以上のことから、手数料においては、手数料無料のVega walletがダントツにオススメです。

各電子決済サービスにおける入出金及び換金時の為替手数料の比較

各電子決済サービスにおいて、入出金及び換金時には別途、為替手数料が決済を実行するたびに発生し、各手数料と同時に差し引かれたうえでアカウントへ反映されます。

各電子決済サービスにおける為替手数料を比較してみます。

為替手数料
iWallet アイウォレット指定レート
ecoPayz 2.99%
MuchBetter 0.99%
STICPAY 2%
VegaWallet Cash. Buy Rateと同水準

iWalletでは、為替手数料がアイウォレット指定レートとなります。

ecoPayzでは、為替手数料が2.99%となります。

MuchBetterでは、為替手数料が0.99%となります。

STICPAYでは、為替手数料が2%となります。

VegaWalletでは、為替手数料がCash. Buy Rateと同水準となります。

以上の結果から、為替手数料では、MuchBetterの0.99%が最安で、その他はあまり大差なく2%から3%程度となっているようです。

為替手数料においては、最安の為替手数料となるMuchBetterがダントツにオススメです。

各電子決済サービスにおける入金及び出金限度額の比較

各電子決済サービスにおける1回あたりの入金取引限度額と出金取引限度額を比較してみます。

決済サービス 入金限度額 出金限度額
iWallet 20,000ドル 50,000ドル
ecoPayz 15,297.22ドル 509,907.29ドル
MuchBetter 5,000,000円 5,000,000円
STICPAY 1,000,000円 990,000円
VegaWallet 500,000円 上限なし

※ecoPayzリンク ※ecoPayzは、各グレードによって入金と出金のそれぞれの限度額が変動します。

iWalletでは、入金限度額20,000ドル、出金限度額50,000ドルとなります。

ecoPayzでは、入金限度額15,297.22ドル、出金限度額509,907.29ドルとなります。

MuchBetterでは、入金限度額5,000,000円、出金限度額5,000,000円となります。

STICPAYでは、入金限度額1,000,000円、出金限度額990,000円となります。

VegaWalletでは、入金限度額500,000円、出金限度額上限なしとなります。

以上の結果から、1回あたりの入金取引限度額では、Vega walletで500,000円が最小、MuchBetterでおよそ500万円ほどになり、どの電子決済サービスにおいても
それほどストレスを感じることなく入金できる金額となっております。

続いて、1回あたりの出金取引限度額では、STICPAYで990,000円が最小、VegaWalletに至っては、上限がありません。

以上のことから、入金及び出金限度額がどちらも均等なMuchBetter、次いでecoPayz、STICPAYとなっているのでこれらがオススメと言えるでしょう。

入出金スピードでの比較

各電子決済サービスにおける口座(アカウント)での入金スピードと出金スピードの比較を見ていきます。

決済サービス 入金スピード 出金スピード
iWallet 即時 即時~1営業日
ecoPayz 即時 即時~1営業日
MuchBetter 即時 3~4営業日
STICPAY 即時 即時~1営業日
VegaWallet 1分以内 即日~2営業日程度

入金スピードに関しては、各電子決済サービスそれぞれにそれほど大きな違いは見られず、およそ数分で反映されるようです。
MuchBetterの出金スピードは他と比べかなり遅い3~4営業日での出金となっています。

以上のことから、入出金スピードでの比較では、入金スピードと出金スピードが共に速い、ecoPayz、iWallet、STICPAYがオススメとなります。

各オンラインカジノで利用できる電子決済サービス一覧

要となる5つの電子決済サービスが利用できるオンラインカジノサイトの一覧は、以下のとおりです。

iWallet ecoPayz MuchBetter STICPAY VegaWallet
ベラジョンカジノ ✖️ ⭕️ ⭕️ ✖️ ⭕️
インターカジノ ✖️ ⭕️ ⭕️ ✖️ ⭕️
遊雅堂 ✖️ ⭕️ ⭕️ ✖️ ⭕️
クイーンカジノ ⭕️ ⭕️ ✖️ ✖️ ✖️
カジ旅 ⭕️ ⭕️ ⭕️ ⭕️ ⭕️
カジノミー ⭕️ ⭕️ ⭕️ ⭕️ ⭕️
カジノシークレット ⭕️ ⭕️ ⭕️ ✖️ ⭕️
BONS ⭕️ ⭕️ ⭕️ ⭕️ ⭕️
ミスティーノ ✖️ ⭕️ ⭕️ ⭕️ ⭕️
エルドアカジノ ✖️ ⭕️ ✖️ ⭕️ ✖️
コニベット ⭕️ ⭕️ ✖️ ⭕️ ⭕️
ワンダーカジノ ✖️ ⭕️ ✖️ ⭕️ ⭕️
ビットカジノ ✖️ ✖️ ✖️ ✖️ ✖️
ワイルドジャングル ✖️ ⭕️ ✖️ ✖️ ✖️
BeeBet ✖️ ✖️ ⭕️ ✖️ ⭕️

今回ご紹介した主要となる5つの電子決済サービス全てが導入されているのがカジ旅、カジノミー、BONSになるのがお分かりしていただけると思います。
上記の表で15サイト中9サイトに導入されているMuchBetterですが、比較的新しい電子決済サービスとなっており利用できるサイトが日々更新されているので今後もチェックが必要です。
ecoPayzが導入されているカジノサイトが比較的多いので、まだ一つも電子決済サービスを登録されていな方はecoPayzをまずは登録(アカウント開設)をしててだだくのがおすすめです。

まとめ

電子決済サービスにおけるいくつかのメリットとデメリット、主要となる電子決済サービスの比較を簡単にご紹介してきましたが、様々な特徴があったりと選ぶのは簡単ではありません。
サービス内容も日々変わったり、日本市場から撤退をすることなどもあるので慎重に選ぶことをおすすめします。
各電子決済サービスごとの解説&詳細ページもございますので是非、そちらもご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました