ゲームルール

ルーレットとは? ルーレットのルールや遊び方

ルーレットとは? ルーレットのルール・遊び方 ゲームルール

ルーレットとは

世界各国のカジノに必ず存在するカジノにおける代表格ゲームの一つで、カジノの王様と呼ばれるバカラに並び、その華やかさと優雅さからカジノの女王とも呼ばれています。

回転するウィール(円盤)にディーラーが球を投げ入れ、投げた球が落ちる場所を当てることが基本となるわかりやすく簡単なルールのカジノゲームです。

300年以上の歴史があり、レイアウト(賭け金を置くテーブル)やルーレットの特徴的な数字の配列は、パスカルの定理や確率論などで知られる数学者のパスカルが考案したとされ、1841年にドイツでカジノを経営していたフランス人・ブラン兄弟の考案で37区分に変更され、ヨーロッパで人気を博したとされています。

単純なゲームではありますが、多様な賭け方により奥深いところも魅力で初心者から上級者まで幅広く楽しむことができるゲームとなっています。

ルーレットの概要

ウィール(盤)には、均等に区切られたボールの落ちるポケットがあり、それぞれ数字と赤か黒かの色がついており、0(00、000)は緑色となっています。

世界のカジノには大きく分けて4種類のウィールがあり、37区分の「ヨーロピアンタイプ」と38区分の「アメリカンスタイル」の2種類が主流となっていて、39区分の「メキシカンスタイル」、37区分でルールの異なる「フレンチスタイル」となっています。

ヨーロピアン・フレンチスタイル 37区分(1から36、0)
アメリカンスタイル 38区分(1から36、0、00)
メキシカンスタイル 39区分(1から36、0、00、000)

「メキシカンスタイル」では、00や000の数字の代わりにカジノのロゴを配置して、そのロゴに賭けるようになっているカジノもあります。

ルーレットの基本ルール

カジノディーラーがルーレットのウィール(盤)をまわし、続けてその中にボールを投入します。

プレイヤーはボールの落ちるポケット(番号)を予測して、賭け金(チップ)をベットテーブル上の数字などの賭け枠に置きます。

ボールが入ったポケットの番号が「当選番号」となり、外れたチップは回収され、当たったチップに順次配当が付けられます。配当の倍率は賭け方によって異なります。

ルーレットの賭けの種類

ルーレットのベットには、最高配当の各番号ごとから、配当2倍の赤か黒か、奇数か偶数かに賭けるものまで様々な賭け方が存在します。

まずは、ベットテーブルの内側に賭ける方法として、『インサイドベット』とベットテーブルの外側に賭ける方法で『アウトサイドベット』の2つに分けられます。

インサイドベットでは、テーブル内側の0(00、000)から36までの数字や数字をまたぐライン(線上)にベットできます。

アウトサイドベットでは、テーブル外側の「赤・黒」や「偶数・奇数」など多くの数字を含むグループを対象にベットすることができます。

インサイドベット

インサイドベットは、以下のとおり。

ルーレットのルール・遊び方 インサイドベット

インサイドベット
賭け方 配当
ストレートアップ 36倍
スプリットベット 18倍
ストリートベット 12倍
コーナーベット 9倍
フォーナンバー 9倍
ファイブナンバー 7倍
ラインベット 6倍

ストレートアップ(1点賭け):配当36倍

ストレートアップ(1点賭け)は、「シングルナンバーベット」とも呼ばれる、数字1つだけに絞ってベットする方法です。
賭け方は予想した数字の上にチップを置くだけです。

スプリット・ベット(2点賭け):配当18倍

英語で「分割」を意味し、隣合う数字2つに同時にベットする方法です。
2つ数字の間にチップを置きます。

ストリート・ベット(3点賭け):配当12倍

「トリオ・ベット」とも呼ばれ、横並びの3つの数字の1列を選んで賭ける方法です。
アメリカンスタイルの場合、横並びではない「0.00.2」、「0.1.2」、「00.2.3」も含まれます。

コーナー・ベット(4点賭け):配当9倍

「クォーター・ベット」「スクエア・ベット」とも呼ばれ、四角を作る4つの数字を選んで賭ける方法です。
4つのマスの中央にチップを置き、当選確率は約10%でおよそ10回に1回は当たる賭け方です。

ダブル・ストリート・ベット(6点賭け)

「ライン・ベット」「シックス・ナンバーズ・ベット」とも呼ばれ、隣り合う2列にまたがって全部で6つの数字に賭ける方法です。

ファイブ・ナンバー・ベット(5点賭け)

「ファースト・ファイブ」とも呼ばれ、アメリカンスタイルルーレットのみ存在する賭け方です。
賭ける数字は0.00.1.2.3の5つになります。

フォー・ナンバー・ベット(4点賭け)

「ファースト・フォー」とも呼ばれ、ヨーロピアンとフレンチスタイルルーレットのみ存在する賭け方です。
賭ける数字は0.1.2.3の4つになります。

アウトサイドベット

アウトサイドベットは、以下のとおり。

ルーレットのルール・遊び方 アウトサイドベット

アウトサイドベット
賭け方 配当
ダズンベット 3倍
コラムベット 3倍
ハイロー 2倍
オッド・イーブン 2倍
レッド・ブラック 2倍

ダズン・ベット(12点賭け)

ルーレットのルール・遊び方 アウトサイドベット

「セクション・ベット」とも呼ばれ、0以外の1〜36までの数字で、12個の数字をまとめて1グループとして、グループごとに賭ける方法です。
レイアウト上の1st12(1~12)、2nd12(13~24)、3rd12(25~36)の3つのグループから選んで賭けられます。

コラム・ベット(12点賭け)

ルーレットのルール・遊び方 アウトサイドベット

英語で『column』は縦という意味で発音的にはカラムです。

レイアウト上の縦のラインにある12個の数字にまとめて賭ける方法で、全3ラインから選んで賭ける方法です。
「2 : 1」または「2to1」と書かれた場所にチップを置きます。

ハイロー

当選番号がハイは19から36、ローは1から18のどちらかを予想する賭け方です。
ハイにベットする場合は「19-36」と書かれた場所に、ローにベットする場合は「1-18」と書かれた場所にチップを置きます。

オッド・イーブン

当選番号が奇数(ODD)か偶数(EVEN)かを予想する賭け方です。
奇数にベットする場合は「ODD」と書かれた場所に、偶数にベットする場合は「EVEN」と書かれた場所にチップを置きます。

レッド・ブラック

最もシンプルに赤色か黒色どちらかを予想する賭け方です。
初心者や運試しとしても人気の賭け方でもあります。

確率

主要となるヨーロピアンスタイルとアメリカンスタイル、それぞれのベット方法ごとのおよその出現確率は、以下のとおりです。

賭け方 配当 確率
ヨーロピアン アメリカン
ストレートアップ 36倍 2.7% 2.6%
スプリットベット 18倍 5.4% 5.2%
ストリートベット 12倍 8.1% 7.8%
コーナーベット 9倍 10.8% 10.5%
フォーナンバー 9倍 10.8%
ファイブナンバー 7倍 13.1%
ラインベット 6倍 16.2% 15.7%
ダズンベット 3倍 32.4% 31.5%
コラムベット 3倍 32.4% 31.5%
ハイロー 2倍 48.6% 47.3%
オッド・イーブン 2倍 48.6% 47.3%
レッド・ブラック 2倍 48.6% 47.3%

ヨーロピアンスタイルでは37個の数字の中から、アメリカンスタイルでは38個の数字の中から数字を当てることになるため、数字が一個少ないヨーロピアンスタイルの方が、少しだけ高い確率となっています。

組み合わせベット方法

これまでの賭け方を組み合わせて、より有利に勝ち進めることができる必勝法ともされるベット方法について解説します。

フラワーベット

「0」を除く、予想した数字1つを基準にして、その周りの数字(8箇所)を合わせた全9箇所に賭ける方法です。

コラムベットの3列のうち、真ん中の列の「2」と「35」を除いた数字(5,8,11,14,17,20,23,26,29,32)のいずれかを基準にします。
ストレートベット+コーナーベット+スプリットベットの組み合わせとなり、賭けた9箇所のいずれかに当たる確率は24.3%です。

このベット方法による最大のメリットは、基準とした数字が当たった場合に最高143倍の配当となることです。

ルーレットゲームの種類

各オンラインカジノサイトごとに、主要となるヨーロピアンルーレット、アメリカンルーレットをはじめ、ランドカジノでは体験することのできない、様々な独自・特別ルールが追加されたルーレットゲームを選択して遊ぶことができるので、その一部も含めてご紹介します。

フレンチルーレット

基本的にヨーロピアンルーレットと同じで 1~36 と「0」の 37 スポットです。

ヨーロピアンルーレットには無い【En Prison/アンプリゾン】と【La Partage/ラパルタージュ】という二つの追加ルールがあり、例えば赤にベットをした時に「0」に入ると【En Prison/アンプリゾン】ではベットした額の半分が戻され、半分は次回に持ち越されます。

強制的に次ゲームへと移り、赤にベットされた状態なので、赤が出れば持ち越された半分が戻ってきて黒だった場合は、没収されます。

【La Partage/ラパルタージュ】ではその場で半分が没収され、半分は返却されます。
基本的に【La Partage/ラパルタージュ】が採用されていることが多いです。

ライトニングルーレット

基本的には、37スポットのヨーロピアンルーレットです。

ライトニングルーレットでは、チップを賭けたのち結果が出るまでの間に、「ライトニングラウンド」という演出があります。
このライトニングラウンドでランダムに1~5個の数字が選ばれ、ラッキーナンバーが決定されます。

選ばれた数字とともに、ストレートベット時での配当が50倍~最大500倍までが決定されます。
通常配当36倍のストレートベットが、最大500倍の配当となる魅力的なルーレットとして人気を集めています。

ダブルボールルーレット

その名のとおり、ウィールに投入されるボールが2つある特殊なルーレットです。

アウトサイドベットの条件が2個のボールがポケットに入らなければならないため、配当が高くなっていることや、最大1300倍の配当が魅力です。
ルーレットのベースとなるのは、ヨーロッパ方式の37スポットです。

マルチホイールルーレット

1プレイで複数のウィールを対象にベットすることができるルーレットです。

最大8台ともなると、1ドルベットだとしても8台分の8ドルがベットされる事になります。
資金に余裕がある方向けと言えそうです。

配当 確率 カバーする
数字の個数
ストレートアップ 35:1 2.70% 1
スプリット 17:1 5.41% 2
3ライン 11:1 8.11% 3
コーナー 8:1 10.81% 4
フォーナンバー 8:1 10.81% 4
6ライン 5:1 16.22% 6
コラム 2:1 32.43% 12
ダズン 2:1 32.43% 12
赤×黒 1:1 48.65% 18
偶数奇数 1:1 48.65% 18
ローハイ 1:1 48.65% 18
タイトルとURLをコピーしました