WBCブックメーカー・スポーツベット

【2023年WBC】日本代表・侍ジャパン 投手

WBC

日本代表・侍ジャパン 投手陣 15人

日本代表・侍ジャパンは第1.2大会14年ぶり3度目の優勝を目指すべくWBCの選手を発表しました。

今回選ばれた投手15人をご紹介します。

投手先発候補メンバー 10人

ダルビッシュ 有

ダルビッシュ選手は現在メジャーリーグ(MLB)のサンディエゴ・パドレスで投手として活躍し昨季はパドレスのエースとして【16勝8敗防御率3.10】の成績を残しました。

過去にはテキサス・レンジャーズ、シカゴ・カブス、ロサンゼルス・ドジャースなどでプレーした経験を持ちます。

ダルビッシュ選手は多彩な変化球を投げられ、素晴らしい投球術で知られ、キャリアを通じて何度もオールスターに選出されているメジャーリーグ(MLB)屈指の投手です。

WBC第2回大会では日本代表・侍ジャパンの抑えとして登板し、見事胴上げ投手になりました。

大谷 翔平

大谷選手は現在メジャーリーグ(MLB)のロサンゼルス・エンゼルスで投手と打者で活躍し、昨季はエンゼルスのエースとして【15勝9敗防御率2.33】さらに主軸打者として【打率.273本塁打34本】と二刀流で両方ともトップクラスの成績を残しました。

昨季は投手と野手で規定に到達するなど、今大会でも二刀流での活躍に期待がかかります。

山本 由伸

山本選手は現在日本プロ野球(NPB)のオリックス・バッファローズで投手として活躍し昨季はオリックスのエースとして【15勝5敗防御率1.68】の成績を残しました。

2021年には初の開幕投手を務め、一年間通してエースとして活躍し18勝を挙げ、チーム25年ぶりのリーグ優勝に貢献しました。

さらに昨季は6月18日の西武戦でノーヒット・ノーランを達成するなど活躍し2年連続でリーグ優勝を果たしました。

佐々木 朗希

佐々木選手は現在日本プロ野球(NPB)の千葉ロッテ・マリーンズで投手として活躍し【9勝4敗防御率2.02】の成績を残し4月10日のオリックス戦ではギネス世界新記録となる13者連続奪三振を記録しました。

さらに1試合19奪三振のプロ野球記録も樹立すると、なんと史上16人目の完全試合を達成しました。

今大会では令和の怪物の好投が期待されます。

戸郷 翔征

戸郷選手は現在日本プロ野球(NPB)の巨人・ジャイアンツで投手として活躍し昨季は巨人のエースとして【12勝8敗防御率2.62】の成績を残しました。

高卒2年目の2020年には開幕ローテーション入りを果たし、この年9勝の成績で新人特別賞を獲得しました。

昨季はプロ初完投記録するなど、チームトップの12勝を記録しリーグトップとなる154奪三振の成績で、最多奪三振のタイトルを獲得しました。

今永 昇太

今永選手は現在日本プロ野球(NPB)の横浜DeNA・ベイスターズで投手として活躍し昨季はベイスターズのエースとして【11勝4敗防御率2.26】の成績を残しました。

侍ジャパンの強化試合ではオーストラリア代表との試合で先発し4回10奪三振1失点と圧巻の奪三振ショーを披露しました。

宮城 大弥

宮城選手は現在日本プロ野球(NPB)のオリックス・バッファローズで投手として活躍し昨季は【11勝8敗防御率3.16】の成績を残しました。

プロ2年目で【13勝4敗防御率2.51】の成績を残し、パ・リーグの新人王を獲得しました。

昨季はリーグ連覇に貢献。日本シリーズでも2度先発し、チームの26年ぶり日本一に大きく貢献しました。

高橋 奎二

高橋奎二選手は現在日本プロ野球(NPB)のヤクルト・スワローズで投手として活躍し昨季はヤクルトの左のエースとして【8勝2敗防御率2.63】の成績を残しました。

2021年には日本シリーズの第2戦に先発し、プロ初完投で勝利を挙げ、優秀選手賞を獲得。チームの日本一に貢献しました。

昨季は先発として自己最多の8勝をマーク。オーストラリア代表との試合ではリリーフとして、2回4奪三振無失点の好投を見せました。

高橋 宏斗

高橋宏斗選手は現在日本プロ野球(NPB)の中日・ドラゴンズで投手として活躍し昨季は【6勝7敗防御率2.47】の成績を残しました。敗戦が先行してしまいましたが19試合に登板しリーグ3位となる134奪三振を記録しました。

昨季が1軍初登板で、2022年7月29日の広島戦では8回1アウトまでノーヒットノーランの快投を見せるなど圧巻の投球を披露しました。

チーム最年少20歳で侍ジャパンに選出となりました。

伊藤 大海

伊藤選手は現在日本プロ野球(NPB)の日本ハム・ファイターズで投手として活躍し昨季は【10勝9敗1S防御率2.95】の成績を残し様々なポジションを任された一年となりました。

プロ1年目から開幕ローテーション入りを果し、プロ初完投・初完封を達成【10勝9敗防御率2.90】の成績を残し、パ・リーグの新人特別賞を獲得しました。

今大会でも様々な起用方法が考えられ、投手の中ではユーティリティープレイヤーとして日本代表・侍ジャパンの力となってくれるでしょう。

中継ぎ抑えメンバー 5人

松井 祐樹

松井選手は現在日本プロ野球(NPB)の楽天・イーグルスで投手として活躍し昨季は楽天の抑えとして【1勝3敗32S防御率1.92】の成績を残し二度目の最多セーブ王のタイトルを獲得しました。

2021年には歴代最年少での150セーブを達成。

2大会連続での選出となり、今大会でも貴重な左投手として活躍が期待されます。

栗林 良吏

栗林選手は現在日本プロ野球(NPB)の広島・カープで投手として活躍し昨季は広島の抑えとして【0勝2敗31S防御率1.68】の成績を残しました。

2021年のプロ1年目から抑えを任され、開幕から22試合連続無失点を記録。

新人ながら【0勝1敗37S防御率0.86】の成績を残しセ・リーグの新人王に選ばれました。

また昨年の東京オリンピックで守護神として5試合に登板し、決勝のアメリカ戦では胴上げ投手となりました。

湯浅 京己

湯浅選手は現在日本プロ野球(NPB)の阪神・タイガースで投手として活躍し昨季は阪神の勝利の方程式の中継ぎとして【2勝3敗45HP防御率1.09】の成績を残し最優秀中継ぎのタイトルを獲得しました。

昨季のオールスターでは中継ぎ投手部門でトップ選出された実力の持ち主で、今大会でも勝利の方程式の一角を任される可能性は大です。

大勢

大勢選手は現在日本プロ野球(NPB)の巨人・ジャイアンツで投手として活躍し昨季は巨人の抑えとして【1勝3敗37S防御率2.05】の成績を残しました。

プロ1年目の昨季は抑えとして開幕戦に登板するとプロ初セーブを記録しNPB史上初となる初登板から7試合連続セーブを記録しました。

ルーキーイヤーながら歴代新人最多タイとなる37セーブの成績を残しセ・リーグの新人王に輝きました。

宇多川 優希

宇多川選手は現在日本プロ野球(NPB)のオリックス・バッファローズの投手として活躍し昨季は19試合に登板し【2勝1敗防御率0.81】の成績を残しました。

2020年に育成ドラフト3位でオリックスに入団した苦労人で、昨季7月に支配下登録を結ぶと、9月8日の西武戦でプロ初勝利しました。

最速159キロのストレートは圧巻で、さらには鋭く落ちるフォークを武器に日本シリーズでは4試合に登板し、計10奪三振無失点の好投を見せチームの26年ぶり日本一に貢献しました。

日本代表・侍ジャパン スポーツベットを楽しめる!

日本代表・侍ジャパンを応援しながら更に楽しむため今巷で流行りのスポーツベット、オンラインカジノがオススメです!

数あるオンラインカジノの中から、スポーツにベットするのに最適なサイトを選ぶのはなかなか難しいものです。

日本でスポーツにベットすることができるカジノサイトは数多くありますが、今みんカジが一番おすすめするオンラインカジノはTEDBETです。

2023年World Baseball Classicに賭けることができるサイト

  1. 100% 初回入金ボーナス
    + $40
    入金不要ボーナス
  2. 200%
    初回入金ボーナス

    + $40
    入金不要ボーナス

  3. 150% 最大 $500
    初回入金ボーナス
    + $40 入金不要ボーナス

  4. 最大 10万円分
    初回入金ボーナス
    + 3000円分
    入金不要ボーナス
  5. 100% 最大 $500
    初回入金ボーナス
    + $10 フリーベット
タイトルとURLをコピーしました